スマートフォン版へ

サトノレイナス骨折、秋華賞断念 右トモ手術で全治不明 国枝師「何とも言えない」

  • 2021年09月12日(日) 06時30分
 サトノレイナス(牝3歳、美浦・国枝)が放牧先で右トモを骨折していたことが11日、分かった。全治は不明で、北海道安平町のノーザンファーム早来で休養に入る。

 同馬は阪神JF桜花賞で連続2着後、ダービーに挑戦。牝馬として07年のウオッカ以来の勝利を目指したものの、5着に終わった。今秋は秋華賞(10月17日・阪神)に直行することを発表していたが、断念することになった。

 国枝師は「8月下旬に放牧先でアクシデントがあり、右トモを骨折。(北海道苫小牧市の)社台ホースクリニックに移動して手術を行いました。今のところ復帰までに半年はかかるとみていますが、珍しい骨折箇所のため、今後のことは何とも言えません。この秋も期待していた馬なので残念です」と語った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す