スマートフォン版へ

【ローズS】栗東レポート ストゥーティ

  • 2021年09月15日(水) 14時31分
 9月19日(日)に中京競馬場で行われるローズS(GII)に出走予定のストゥーティ(牝3)について、追い切り後の奥村豊調教師のコメントは以下の通り。

「春のレースに比べ距離が延びて、(前走は)2回目の1周競馬でしたがよく対応してくれたと思います。馬場が重い状態でしたが、そういった馬場でもしっかり走れて良いポジションが取れました。前走後はノーザンファームしがらきに置いて、短期リフレッシュを挟んで栗東に帰ってきました。夏場も2走しましたし、大きく変化はありませんが体調は良いかなと感じています。

 前走からそれほど時間が経っていませんし、先週はしっかり動けていましたので、今日はジョッキーに感触を確かめてもらう程度の追い切りにしました。非常に調教もレースも一生懸命で調整はしやすいですね。ここまでも思った通りの調教は出来ています。

 デビュー当時からレースが上手、馬場も展開も問わない馬なので、力を出し切れているのがこの馬の強みだと思います。普段からしっかり休むところは休めますし、調教でもオンとオフの切り替えがしっかりしていて、メリハリがついています。僕らが考えないといけないところは少ないと思います。頭の良い馬だな、と思いますね。

 展開や馬場を問わず力を出し切れるので、中京でも心配はありません。前走から距離延長になりますが、これに対応して結果が伴ってくれば、次走に向けて大きな期待を持っていけるんじゃないかな、と思いますので、楽しみな一戦です。どのポジションからでも競馬ができますので、スタートを切ってからのジョッキーの判断に任せたいと思います。

 ここまでお母さんとよく似た過程を踏んでいますが、お母さん同様に次につながる競馬になれば、と思います」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す