スマートフォン版へ

【本日開催!船橋・日本テレビ盃】王者クリソベリルの復活か!? それとも…/注目馬プロフィール

  • 2021年09月29日(水) 12時05分
 本日9月29日(水)に船橋競馬場で行われる第68回日本テレビ盃(3歳上・JpnII・ダ1800m・1着賞金3200万円)。

 一昨年の覇者で今回久々の一戦となるクリソベリルは2枠2番。9歳ながら帝王賞では2着に入った古豪ノンコノユメは7枠8番に入った。

 日本テレビ盃で注目の出走馬のプロフィールをピックアップして紹介する。

JRA所属馬
クリソベリル(牡5)
 3歳時に兵庫チャンピオンシップジャパンダートダービー日本テレビ盃チャンピオンズCを制してJRA賞最優秀ダートホースに選出。昨年はサウジC7着を挟んで帝王賞JBCクラシックを完勝した現役ダート最強馬だ。前走のチャンピオンズC4着で国内無敗記録は8でストップしたが、約9か月半ぶりの再起戦に注目が集まる。

ダノンファラオ(牡4)
 昨年のジャパンダートダービーの覇者。続く日本テレビ盃こそ古馬の壁に跳ね返されて7着に沈んだが、それ以降は浦和記念ダイオライト記念でタイトルを積み重ねている。帝王賞9着以来の今回は横山武史騎手との初コンビ。地方の馬場向きの先行力は証明しており、気分良くスムーズに運べればチャンスは十分にありそうだ。

メイショウダジン(牡4)
 約2か月半ぶりの前走は4番手から抜け出す横綱相撲で3勝クラスを卒業。全4勝を1700、1800メートルでマークしており、距離はベストだ。大きく崩れたのは20年のレパードS15着だけだが、それ以来の重賞挑戦で今回は相手関係が格段に強化。前走Vの勢いに乗ってどこまでやれるか、試金石の一戦になりそう。

■南関東地区所属馬
ノンコノユメ(セ9)
 15年のジャパンダートダービー、18年のフェブラリーSの覇者で、大井移籍後のサンタアニタトロフィーを含む重賞6勝。立て直しに成功した帝王賞で地方最先着を果たす2着に入り、古豪健在をアピールした。船橋は16年、18年のかしわ記念4着、19年の日本テレビ盃3着でコース適性は高く、末脚を生かして勝機をつかむか。

サルサディオーネ(牝7)
 大井移籍2戦目の報知グランプリCで重賞初制覇を飾り、マリーンCクイーン賞で交流タイトルを獲得して、NARグランプリ2020の4歳以上最優秀牝馬に選出された。全10勝を左回りのダート1600メートル、1800メートルでマークしており、現在重賞2連勝中で勢いも十分。単騎マイペースに持ち込んで押し切りを狙う。

 発走は20時05分。

(出走馬情報提供:千葉県競馬組合)

◆船橋競馬特集ページでは船橋全レースの予想印を無料公開中!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す