スマートフォン版へ

【船橋・日本テレビ盃予想】JBCに向け一線級が集結 ダノンファラオの実力発揮に期待

  • 2021年09月29日(水) 17時00分
 9月29日(水)に船橋競馬場日本テレビ盃が行われる。“Road to JBC”に指定されており、1着馬にはJBCクラシックへの優先出走権が与えられることから毎年一線級のダート馬が集結する。

 今年の出走馬の中で本命に挙げるのはダノンファラオ。昨年はジャパンダートダービーを勝ってこの舞台に駒を進め2番人気に推されたが、スタートしてサルサディオーネアナザートゥルースらとともに先行してペースが速くなり、前々で競馬をした馬が総崩れとなり差し馬に有利な展開を作ってしまったことで敗因はハッキリしている。その後は浦和記念ダイオライト記念で重賞2勝を挙げているように、スムーズな競馬ができれば高いパフォーマンスを発揮する。今回はクリソベリルが怪我からの復帰初戦で全幅の信頼が置けないので、こちらから狙いたい。

 相手筆頭はクリソベリル。国内では昨年のチャンピオンズカップで4着に敗れたのを除いて無敗。3歳時にはジャパンダートダービーを勝ってGI初タイトルを獲得すると、古馬相手にチャンピオンズカップでも勝利してGI/JpnI・2勝目を挙げた。4歳になってからも帝王賞JBCクラシックでGI/JpnI連勝を果たしていて実績では群を抜いている。長期休養明けで久々の実戦でも、19年に勝利している舞台で初戦からアッサリ勝利してもおかしくない。

 ▲はメイショウダジン。前走3勝クラスの西日本スポーツ杯では好位からレースを進めると、直線で前にいた馬たちを捕らえて堂々のV。今回は重賞で相手は一気に上がるが、力を付けてきている今ならこのメンバーに入っても見劣りしない。

 △からは3頭を挙げたい。

 まず挙げたいのはノンコノユメ。休み明け初戦となった前走の帝王賞では、最後の直線で進路を外に切り替えて鋭い脚を使うとテーオーケインズの3馬身差の2着と好走。その走りから9歳でも衰えは感じられず、再度好勝負が期待できる。19年にこのレースで3着になっていることからも注目だ。

 また3走前に3勝クラスを勝ち上がりオープン入りを果たしたラストマンは、前走初めての重賞挑戦となったマーキュリーカップで掲示板を確保。まだまだ伸びしろが見込める4歳馬だけに2度目の重賞で前走以上も可能。

 穴で狙いたいのはサルサディオーネ。現在スパーキングレディーカップスパーキングサマーカップと重賞2連勝中。昨年はきつい展開となり9着に敗れたが、自分のペースで行ければ牡馬相手のダートグレードレースでも残り目はある。

 馬券はダノンファラオを軸に名前を挙げた5頭に3連複で流す。

(文=「勝馬」記者・豊岡加奈子)

◆船橋競馬特集ページでは船橋全レースの予想印を無料公開中!

◆船橋公式重賞ページには、様々な情報が盛りだくさん!データも活かして的中を狙おう!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す