スマートフォン版へ

【凱旋門賞】タルナワ 馬場不問の強烈な末脚魅力

  • 2021年10月01日(金) 06時00分
 「凱旋門賞・仏G1」(10月3日、パリロンシャン)

 初勝利こそ4戦目と足踏みした愛国馬タルナワだが、その後は着実に力をつけて4歳シーズンになると本格化。G1戦線で存在感を示してきた。

 初のビッグタイトルは20年9月のヴェルメイユ賞。凱旋門賞と同舞台で鋭い決め手を発揮し、最上の結果を出して見せた。その後は凱旋門賞ではなく、オペラ賞に出走。ここでも不良馬場をモノともせず末脚を繰り出し、G1・2連勝を果たした。

 3走前のBCターフは後方から4角手前で追いだすと、大外をグイグイ伸びて快勝。G1・7勝を誇るマジカルを破ってG1・3連勝を飾った。さらに21年の始動戦だった前々走のバリーローンS(G3)も直線で楽に抜け出し、2着馬に6馬身半差をつける圧勝。20年からの連勝を5に伸ばした。

 前走の愛チャンピオンSでは21年の仏2冠馬セントマークスバシリカに敗れて連勝ストップ。それでも直線で不利がありながら、3/4馬身差の2着に食らいついた内容は高く評価できる。

 舞台実績に加え、馬場状態にかかわらず発揮できる強烈な末脚は魅力。スミヨンとのコンビ復活も頼もしい限りだ。大手ブックメーカーがこぞって上位人気に推す通り、Vに最も近い一頭と言えるだろう。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す