スマートフォン版へ

【京都大賞典見どころ】アリストテレスが巻き返して重賞2勝目を狙う

  • 2021年10月04日(月) 10時09分
 アリストテレスに注目したい。アメリカジョッキーC以来となる重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/10(日) 京都大賞典(3歳上・GII・阪神芝2400m)

 アリストテレス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は昨年の菊花賞2着馬で、1月のアメリカジョッキーCで重賞初制覇。その後は振るわず今回は宝塚記念・9着以来の休み明けとなるが、連勝実績があるM.デムーロ騎手とのコンビに戻るここで巻き返しが期待される。

 キセキ(牡7、栗東・辻野泰之厩舎)は17年の菊花賞を制して以来勝ち星から遠ざかっているが、長く一線級で活躍してきた実力は誰しも認めるところ。7歳秋にして調教の動きは抜群で、力を発揮できる仕上がりにありそう。和田竜二騎手との新コンビでもう一花咲かせることができるか。

 その他、今年の大阪杯・2着などの実績があるモズベッロ(牡5、栗東・森田直行厩舎)、心房細動明けのオールカマーで崩れず5着だったステイフーリッシュ(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)、目黒記念・2着以来となるヒートオンビート(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、GIIは2年8か月ぶりの出走となるマカヒキ(牡8、栗東・友道康夫厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す