スマートフォン版へ

【サウジアラビアRCレース後コメント】コマンドライン C.ルメール騎手ら

  • 2021年10月09日(土) 18時20分
東京11Rの第7回サウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・芝1600m)は1番人気コマンドライン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒4(良)。半馬身差の2着に2番人気ステルナティーア、さらにクビ差の3着に3番人気スタニングローズが入った。

コマンドラインは美浦・国枝栄厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト母コンドコマンド(母の父Tiz Wonderful)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 コマンドライン(C.ルメール騎手)
「嬉しいですね。今日はゲートの中でちょっとチャカチャカしていて、スタートが遅れて後ろからになりました。でも、今日は2回目の競馬だったので、後ろからの競馬をしたかったんです。ただ、すぐにペースが遅くなったのでポジションを上げて行きました。

 直線はずっと反応しましたし、心配していませんでした。2着馬もとても良い馬ですが、ゴールまで反応して伸びてくれました。これでクラシックを考えられますし、まだまだ伸びしろがあります。来年大人になったら、トップレベルに行ける馬だと思います。2戦2勝できて来年がとても楽しみな馬です。ぜひ応援してください」

(国枝栄調教師)
「このあとは一旦(ノーザンファーム)天栄へ戻す形になると思います。(今後は)オーナーサイドと相談になりますが、方向性としてはマイルより長いところになるでしょうか。楽しみです」

2着 ステルナティーア(福永祐一騎手)
「2戦目で陣営も上手く仕上げてくれました。馬も落ち着いていました。スローペースの中、3番手で前に壁を作ることができませんでしたが、我慢もきいて脚を使えると思っていました。ただ、ルメール騎手が動いて行った時に自分は上手く動けず、ジョッキーの判断の差が出たと思います」

3着 スタニングローズ(戸崎圭太騎手)
「内枠の分、スタートで一旦下がって一列後ろになってしまいました。最後は直線で伸びているだけにもったいなかったです」

4着 ウナギノボリ(菅原明良騎手)
「クセのない良い馬です。最後も良い脚を使ってくれました。これから良くなっていくと思います」

5着 ロードリライアブル(横山武史騎手)
「逃げたくありませんでしたが口向きが悪く、コントロール不能になってしまいました」

6着 ガトーフレーズ(M.デムーロ騎手)
「スタートして狭い所に入って、やる気を無くしてしまいました。硬い馬場のよーいドンの競馬も、この馬には向きませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す