スマートフォン版へ

【府中牝馬S「見逃せない調教師」ベスト3】○○調教師の管理馬は、このコースでの単勝ベタ買いで単勝回収率105%!

  • 2021年10月14日(木) 07時33分
 府中牝馬Sの登録馬を管理している18人の調教師のうち、2016年以降の東京芝1800mの成績をもとに抽出。府中牝馬Sで、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は堀宣行調教師。94回出走して18勝を挙げ、複勝率41.5%という高い数字を記録している。ただし、ブランド厩舎だけに複勝回収率は72%なので、取捨選択が重要だ。最も簡単な手法は1番人気を避けること。1番人気に支持された際の複勝回収率は64%にとどまっており、2〜9番人気に絞ることで単勝回収率112%、複勝回収率81%まで上昇する。

 今年はサトノダムゼルが出走予定。ここ2戦は重賞で人気を裏切ってしまった格好だが、それだけに今回は手頃な人気に落ち着きそう。馬券的には狙い頃だ。

 2位は藤沢和雄調教師。115回出走して19勝を挙げ、19年のエプソムカップレイエンダで制した実績がある。2020年はこのコースで[2-1-4-15]と不振に終わったが、2021年はこれまでに[3-2-1-5]の複勝率54.5%。2016年以降、最も高い数字となっている。

 今年はサンクテュエールが出走予定。牝馬三冠路線では苦戦を強いられたが、福島牝馬Sで3着と復活の兆しをみせている。東京コースに重賞2着の実績もあり、人気薄でも侮れない。

 見事1位に輝いたのは国枝栄調教師。133回出走して27勝。単勝回収率105%とベタ買いでもプラスになっており、単系馬券の軸として期待できる。府中牝馬Sにも、18年に7番人気3着、19年9番人気2着の実績アリ(ともにフロンテアクイーン)。

 今年はドナアトラエンテマジックキャッスルが出走予定。実績十分のマジックキャッスルはもちろんだが、馬体重を増やし本格化ムードが漂うドナアトラエンテも面白い。東京芝1800mは[2-2-1-0]だ。

 実はこの3人、出走予定馬内に限らず、全調教師を対象にしたランキングでも1〜3位。コース相性からは、この3調教師の管理馬が揃って馬券圏内を外すことは考えにくい。上手く馬券に組み込みたいところだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す