スマートフォン版へ

【川崎・サルビアカップ結果】山崎誠士騎手騎乗の米国産馬カルフレグランスが勝利

  • 2021年10月15日(金) 11時00分
 14日、川崎競馬場で行われたサルビアカップ(ロジータ記念トライアル)(3歳牝・準重賞・ダ2000m・1着賞金500万円)は、1周目3コーナーで先手を奪った山崎誠士騎手騎乗の2番人気カルフレグランス(牝3、川崎・甲田悟史厩舎)がそのまま逃げ切り、直線外から鋭く脚を伸ばした1番人気ラブオブマイライフ(牝3、船橋・山下貴之厩舎)をクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分12秒5(良)。

 さらにアタマ差の3着には3番人気ウワサノシブコ(牝3、浦和・岡田一男厩舎)が入った。

 カルフレグランスは父カリフォルニアクローム母ライトゼア、その父エスケンデレヤという血統の米国産馬。JRAからの移籍後の4戦は堅実に2着以内を続けていたが、一気に相手が強化したここでは力強く先行して勝利した。通算成績はこれで10戦3勝。

 なお、1〜3着馬には、11月10日に川崎競馬場にて行われる第32回ロジータ記念(SI)の優先出走権が付与された。

(取材、撮影:高橋正和、編集:netkeiba.com)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す