スマートフォン版へ

【海外競馬】ジャパンC登録のサードラゴネットが安楽死、昨年のコックスプレートなど豪G1・2勝

  • 2021年10月16日(土) 18時11分
 昨年のコックスプレートなど豪G1・2勝、今年のジャパンC(GI)に予備登録のあったサードラゴネット(Sir Dragonet、牡6、豪・C.マー&D.ユースタス厩舎)が16日、調教中の故障により、安楽死となったことがわかった。

 管理するキアロン・マー調教師のTwitterアカウントで同日、発表された。

 サードラゴネットは父Camelot(その父モンジュー)、母Sparrow、母の父Oasis Dreamという血統。

 当初はアイルランドのA.オブライエン厩舎に所属。2019年に未勝利戦、チェスターヴァーズ(英G3)とデビュー2連勝。大一番のダービー(英G1)では1番人気に推されたが、僚馬アンソニーヴァンダイクの5着に敗れた。

 その後も大崩れはしないものの、欧州では勝ち星をあげることができず、2020年に豪州のC.マー&D.ユースタス厩舎に移籍。その初戦コックスプレートで、元僚馬のアーモリーを2着に抑え、待望のG1初制覇を飾った。

 今年は4月のタンクレッドSで、2つ目のG1タイトルを獲得。10月23日に行われるコックスプレートでも、連覇に向け期待を集めていた。通算成績は19戦4勝。

※馬齢は現地表記に準ずる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す