スマートフォン版へ

【菊花賞展望】ステラヴェローチェが混戦を断つ

  • 2021年10月18日(月) 12時53分
 「菊花賞・G1」(24日、阪神)

 皐月賞馬、ダービー馬不在のクラシック最終戦。混戦模様だが、中心はステラヴェローチェだろう。秋始動戦の神戸新聞杯でダービー馬シャフリヤールなど、同世代の強敵を撃破。その後もダメージはなく、調整は順調そのもので、須貝師は「疲れもなく来ている。リラックスして運べれば」と期待大だ。春2冠はともに3着に終わっただけに、ラスト1冠にかける思いは強い。

 神戸新聞杯2着のレッドジェネシスは、距離延長は不問のタイプ。春に京都新聞杯を制したように、底力は世代屈指だ。友道師は「見た目も、乗った感じも、しっかりとしてきた」と成長を口にする。持ち味を知る川田とのコンビ復活で、G1タイトルを狙う。

 セントライト記念の覇者アサマノイタズラは、課題の折り合いを克服したのが大きい。直線で豪快に差し切った末脚は本物だ。3着オーソクレースは、長期休み明けをひと叩きして、大きな上積みが見込める。

 ラジオNIKKEI杯を勝って勢いに乗るヴァイスメテオール、スプリングS覇者で巻き返しを図るヴィクティファルスや、牝馬で挑戦するディヴァインラヴ、四位厩舎初のG1挑戦の神戸新聞杯3着モンテディオなど伏兵も多彩だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す