スマートフォン版へ

【秋華賞】アカイトリノムスメ G1初制覇 戸崎圭「この血統で勝ててうれしい」

  • 2021年10月18日(月) 13時00分
 「秋華賞・G1」(17日、阪神)

 4番人気のアカイトリノムスメが最後の直線で力強く抜け出しG1初制覇。両親が3冠馬という超良血馬が、牝馬3冠最後の一戦で鮮やかな戴冠劇を見せた。半馬身差の2着は2番人気のファインルージュ、3着には3番人気のアンドヴァラナウトが入り、圧倒的1番人気のソダシは10着に終わった。

 真っ白なアイドルが伸びあぐねる直線で、馬場の真ん中を力強く伸びたアカイトリノムスメが、牝馬ラスト1冠をつかみ取った。道中は好位の5番手を追走。直線で内から抜け出しを図るアンドヴァラナウトをかわし、外から迫るファインルージュを半馬身差振り切った。父は無敗のクラシック3冠馬で7冠を手にしたディープインパクトで、母アパパネは牝馬3冠を含む5冠馬。桜花賞4着、オークス2着と春に苦杯をなめてきた良血馬が、秋の仁川で大きく輝いた。

 デイリー杯クイーンC勝ち以来のコンビを組んだ戸崎圭は「ある程度、ポジションは取ろうと思っていましたが、馬もそれに応えて、スタートも良く二の脚もついて、いいリズムで運べました。前にソダシを見る形で手応え良く運べましたし、反応良く、直線も伸びて強いレースだったと思います」と胸を張った。

 鞍上にとっても格別の勝利となった。アカイトリノムスメとはコンビで3勝を挙げているが、全兄モクレレとは11戦で1勝のみだっただけに、「この血統でG1を勝てたことがとてもうれしい」と喜びを口にし、「返し馬、レース、雰囲気を見ても、今までよりもう一段上がった感じを受けましたね。まだまだ成長するでしょうから、今後が本当に楽しみです」と妹のさらなる活躍を期待した。

 国枝師も「アパパネ、その母のソルティビッドと3代やらせていただいて、いい子が出てうれしいです。これからステップアップして、また大きなところを獲っていきたい。(適性は)2000〜2400メートルという距離だと思います」と先を見据える。エリザベス女王杯(11月14日・阪神)、ジャパンC(11月28日・東京)などが候補に挙がるが、「そこはオーナーと話して」と話すにとどまった。ようやく開花した良家のお嬢様が、女王として大舞台を突き進んで行く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す