スマートフォン版へ

ソダシ一夜明けて厩舎で静養 歯は折れておらず「患部固まるのを待つ」

  • 2021年10月18日(月) 13時10分
 1番人気に推された秋華賞で10着に惨敗したソダシ(牝3歳、栗東・須貝)が一夜明けた18日、厩舎でゆっくりと静養した。

 2番手で積極的にレースを進めたものの、自身初の2桁着順に終わり、今浪厩務員は「うまくいったかと思ったけど、直線に入ってスッと抜けてこなかった。札幌記念で距離はこなしているし、分からないね」と首をかしげる。「今のところ脚元はどうもない。またチャンスはあると思う。一生懸命頑張るだけ」と前を向いた。

 ゲートで顔をぶつけ、歯茎をケガして出血。それにより、歯がグラグラしたことが敗因の一つとみられる。幸い歯は折れていなかったとのことで、須貝師は「カイバも食べているし、そこまで大事に至らなくて良かった。まずは患部が固まるのを待って、その経過をしっかり見ていきたいと思います」と今後の方針を説明した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す