スマートフォン版へ

【富士S「見逃せない調教師」ベスト3】東京芝1600mでは2位にダブルスコアの20勝。馬券的に外せないのはこの調教師だ!

  • 2021年10月21日(木) 07時33分
 富士ステークスに出走馬を送り込む13人の調教師のうち、2016年以降の東京芝1600mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出(最少レース機会数15)。富士ステークスで、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は戸田博文調教師。2016年以降、東京芝1600mで10勝を挙げており、これは13調教師中2位。複勝率も5位となる33.3%をマークしているが、複勝回収率が79%止まりだったためランキングは3位にとどまった。

 今年はタイムトゥヘヴンが出走予定。過去にマイルで2走してニュージーランドT2着、NHKマイルC6着という実績が残っており、距離短縮での一変が見込めそう。

 2位は友道康夫調教師。2016年以降、東京芝1600mでは20回出走して3勝2着5回。複勝率40.0%、複勝回収率102%と、好走率が高く馬券妙味もある、馬券ファンにとっては頼りになる存在だ。19年NHKマイルCアドマイヤマーズで、17年クイーンCアドマイヤミヤビで制しており、今春のヴィクトリアマイルではランブリングアレーが10番人気2着と激走した。この厩舎の関西圏の中長距離での活躍は言うに及ばずだが、関東圏でもマイルでも強い!

 今年はマイラプソディワグネリアンが出走予定。注目はデビュー16戦目にして、初のマイル参戦となるワグネリアンだろう。古馬の中距離戦線の王道を歩んできたという点では、京都大賞典で復活を遂げたマカヒキに通じるものがある。
 
 第1位に輝いたのは堀宣行調教師。東京芝1600mで20勝は、2位の戸田調教師にダブルスコアをつけている。89回出走して馬券内が42回。複勝率47.2%は文句のつけようがない好成績だ。複勝回収率も84%と、僅かだが控除率を上回っている。

 今年はフォルコメンが出走予定。前走の納屋橋S(3勝クラス)は、道中で先手を奪うと、そのまま危なげなく押し切り。力が一枚上と言わんばかりの勝ち方だった。この馬自身は、東京芝1600mで結果が出ていないが、去勢以前のもの。本格化した今なら、重賞で通用しても全く不思議ではない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す