スマートフォン版へ

【菊花賞】ステラヴェローチェ 須貝師「これでいい」吉田隼「ワクワク」【一問一答】

  • 2021年10月21日(木) 07時12分
 「菊花賞・G1」(24日、阪神)

 今度こそ世代の頂点をつかみ取る。ステラヴェローチェは20日、吉田隼を背に栗東坂路へ。追走する形から、最後まで僚馬に追いつけなかったが、須貝師は問題なしというジャッジを下した。神戸新聞杯でダービー馬らを蹴散らして快勝し、主役として臨む大一番。クラシックホース不在のラスト1冠は誰にも渡さない。須貝師、吉田隼との一問一答は以下の通り。

  ◇  ◇

須貝尚介調教師

 -最終リハの指示は。

 「あまり時計的なことは。“雰囲気だけ味わってくれ”と」

 -1週前が素晴らしい動き。そこからの今週だったが、走りはどうか。

 「そんなに今週は負荷をかけることなく、普通に。あんなものでいいかなというくらいの時計だったし、調整的にはこれでいいのかな」

 -神戸新聞杯Vを振り返って。

 「雨で馬場も緩んでいたし、強い馬を前にして、それを見ながらの競馬。内容的に強かったという結果でした」

 -前走は506キロでの出走。ひと夏越しての成長は。

 「プラス18キロで、そんなに太くは見えなかった。背も高くなったし、馬自体の幅も広くなった。成長分としてみていました。今回もそれくらいか、もしくは少しマイナスになるのかなという感じですね」

 -今回は阪神3000メートル。

 「坂を2回走らないといけない。他馬も同じ条件ですが、スタミナが要求されると思う」

 -意気込みを。

 「ラストの1冠。前回の神戸新聞杯はいい結果でしたが、やはり最後の1冠。ぜひとも頑張ってほしい」

吉田隼人騎手

 -今の心境は。

 「ワクワクしています」

 -3000メートルの距離については。

 「未知の距離なので、前半から折り合いをつけるのが大事になると思います。前走は道悪で走ってくれたし、距離はこなしてくれると思っています」

 -内回りで器用さも求められそうだが。

 「ゲートが速くないので、できれば外回りの方がこの馬には合うと思うけど、展開も含めて競馬はやってみないと分からないですしね。ゲートもうまく出てくれるかもしれません。一発勝負で頑張りたいと思います」

 -自身にとって菊花賞フォゲッタブル(09年2着)、ゴールドアクター(14年3着)とあと一歩。獲りたいタイトルだと思うが。

 「何回かチャンスを頂いて悔しい思いもしました。いつか勝てたらいいなと思っていましたし、今回も十分チャンスのある馬。別路線からも強い馬がいっぱいいるので、気を引き締めて一生懸命頑張りたいです」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す