スマートフォン版へ

【スワンS「見逃せない調教師」ベスト3】スピードとパワーが求められる阪神芝1400mで大活躍。馬券で押さえておくべき調教師は?

  • 2021年10月28日(木) 07時03分
 スワンSに出走馬を送り込む17人の調教師のうち、2016年以降の阪神芝1400mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出(複勝率、複勝回収率は最少レース機会数15)。スワンSで、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は須貝尚介調教師。集計期間内に阪神芝1400mで[5-7-8-37]という成績で複勝率35.1%をマークしている。特に2021年に入ってから好調で、京都牝馬Sブランノワールで9番人気3着、水無月Sをカリボールで8番人気3着するなど8戦して馬券圏内が5回。複勝回収率210%と馬券妙味十分で人気薄でも侮れない。
 
 今年はリレーションシップが出走予定。今回と同じ阪神芝1400mで行われた戎橋Sを快勝して駒を進めてきた。相手は強くなるが、コース適性が担保されているのは心強い。

 2位は高野友和調教師。集計期間内に[5-4-6-24]と3着内数では須貝調教師に遅れを取ったものの、複勝率38.5%、複勝回収率96%は須貝調教師を上回っている。ただし、こちらは須貝調教師とは打って変わって、2020年6月以来、阪神芝1400mでは8戦続けて馬券圏外が続いている。その前は6戦続けて馬券に絡んでいたので、そろそろ「確変状態」を取り戻したいところだ。
 
 今年はフィアーノロマーノが出走予定。こちらは阪神芝コースで[3-2-0-1]という無類のコース巧者で、ここは狙いの復帰戦だろう。

 第1位は中内田充正調教師。集計期間内に7勝を挙げ複勝率は42.9%は、ともに出走調教師の中ではトップの数字だ。阪神芝1400mは内回りの短距離戦ということで先行力が求められる一方で、最後に急坂があり、タフさも必要なコース。スピードとパワーを兼ね備えた中内田厩舎の馬が活躍するのも納得できる。

 今年はダノンファンタジーが出走予定。昨年の阪神カップの覇者で、この馬もまた阪神芝で8戦5勝と抜群のコース相性を誇る。直近2戦はGIレースで、3走前の阪急杯は序盤に位置どりを悪くしたのが響いた格好。本来の先行策なら巻き返しは必至だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す