スマートフォン版へ

【海外競馬】モーリス産駒が豪G1制覇!ヒトツが2500mのヴィクトリアダービー制す

  • 2021年10月30日(土) 18時24分
 現地時間30日、オーストラリアのフレミントン競馬場でG1・ヴィクトリアダービー(3歳・芝2500m・16頭立て)が行われた。

 道中は後方馬群の中を進んだのが1番人気のヒトツ(Hitotsu、牡3、J.アレン騎手)。直線で前が開くと1頭次元の違う脚で追い込み、先に抜け出した3番人気タイのアレグロン(セ3、B.プレブル騎手)をラスト200m付近でとらえ、最後は1.75馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分37秒32(稍重)。

 ヒトツは父モーリス母Love is Fickle、母の父Redoute's Choiceという血統の豪州産馬。同国のC.マー&D.ユースタス厩舎の管理馬。

 2走前に芝1350mの未勝利戦で初勝利。前走は芝1600mのコーフィールドギニー(豪G1)で5着だった。通算成績は6戦2勝。

 父のモーリスは日本の繁殖オフシーズン、豪州のアローフィールドスタッドで、シャトル種牡馬としてけい養されている。産駒は今年のスプリンターズSを制したピクシーナイトに続きG1・2勝目。

※馬齢は現地表記に準ずる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す