スマートフォン版へ

【金沢・JBCレディスクラシック結果】テオレーマがレコードで完勝!JpnI初制覇

  • 2021年11月03日(水) 14時19分
 3日、金沢競馬場で行われた第11回JBCレディスクラシック(3歳上・牝・JpnI・ダ1500m・1着賞金4100万円)は、序盤は中団後方に位置した川田将雅騎手騎乗の1番人気テオレーマ(牝5、栗東・石坂公一厩舎)が、内目を通って徐々に追い上げて直線で外に出され、先に先頭に立った6番人気マドラスチェック(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)を差し切ると、最後はこれに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒1(良、コースレコード)。

 さらに3/4馬身差の3着に4番人気リネンファッション(牝4、栗東・坂口智康厩舎)が入った。なお、2番人気レーヌブランシュ(牝4、栗東・橋口慎介厩舎)は4着、3番人気サルサディオーネ(牝7、大井・堀千亜樹厩舎)は10着に終わった。

 勝ったテオレーマは、父ジャスタウェイ母スターズアラインド、その父Sea The Starsという血統。4月のマリーンCに続く重賞2勝目を飾った。JpnIは初挑戦で初勝利。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す