スマートフォン版へ

【米・BCディスタフ】並み居る強豪降し歴史的快挙、800m通過44秒台のHペース利したマルシュロレーヌ

  • 2021年11月07日(日) 20時23分
 現地時間6日、アメリカのデルマー競馬場で行われたG1・ブリーダーズカップディスタフ(3歳上牝・ダ1800m)は、O.マーフィー騎手騎乗のマルシュロレーヌ(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝した。勝ちタイムは1分47秒67(良)。

 日本調教馬はこれまで、カジノドライヴのピーターパンS(米G2)、クリソライトロンドンタウンのコリアC(韓国ローカルG1)、ヴィクトワールピサによるオールウェザーのドバイWC(首G1)制覇などの実績があり、また日本産馬はハーツクライ産駒ヨシダがウッドワードS(米G1)を制しているが、“日本調教馬による海外国際ダートG1制覇”は今回が初。

 マルシュロレーヌは、日本ではダートグレード競走を4勝しているがいずれも日本独自の格付け(Jpn)のため、国際的には今回が重賞初制覇。単勝50.9倍の11頭立て9番人気だった。

 800m通過44秒97、1200m通過1分09秒70の超ハイペースで、先行馬は軒並み失速し、差し馬が上位を独占。G1・4連勝、重賞5連勝中の1番人気レトルスカは10着大敗。G1・3勝含む通算7戦6勝(2着1回)のマラサートは3着。マルシュロレーヌはこれら強豪を抑えての大金星となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す