スマートフォン版へ

米競馬メディアがマルシュロレーヌの血統に深く言及 ステイゴールド、キョウエイマーチ、オグリキャップ…

  • 2021年11月08日(月) 21時03分
 アメリカのデルマー競馬場で行われたブリーダーズカップディスタフ(G1)を優勝したマルシュロレーヌ(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)について、米大手競馬メディア『Blood Horse』は現地時間7日、その血統を細かく紹介した。筆者はAlan Porter氏。

「日本にルーツを持つ血統」であるマルシュロレーヌ本馬の紹介に続いたのはまず、父のオルフェーヴルと祖父のステイゴールドについて。

 オルフェーヴルについては日本で数多くのGIを制したこと、フランスの凱旋門賞では2年連続2着、特に2012年には3着馬に7馬身差をつけながらソレミアに敗れたこと、種牡馬としては他にラッキーライラックエポカドーロを送り出していることを紹介。

 ステイゴールドについては、2001年ドバイシーマクラシックで名馬ファンタスティックライトを破り、さらにはG1の香港ヴァーズも制したこと、種牡馬としては50頭以上のステークスウイナー(リステッド含む)を輩出していることなどを紹介した。

 さらに牝系についても深く言及。堅実な繁殖牝馬として活躍するヴィートマルシェの母は、桜花賞キョウエイマーチ(その父ダンシングブレーヴ)。その5代母は1953年の天皇賞・秋を制した名牝クインナルビー。日本においてその牝系はクインナルビーの祖母、1930年に輸入された豪州産馬シユリリーまで遡り、オグリキャップオグリローマンの兄妹も同じファミリーに属することまでを紹介している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す