スマートフォン版へ

【福島記念】条件好転のココロノトウダイ フェアリーポルカと「姉弟馬券」だ/トレセン発秘話

  • 2021年11月11日(木) 18時01分
 秋華賞以降、GI3連勝。先週のGIIアルゼンチン共和国杯オーソリティが完勝するなど今秋関東馬の勢いはすごい。その中心を担うのは手塚貴久厩舎だ。

 21年はNHKマイルCシュネルマイスターオークスユーバーレーベンなど重賞7勝で東西トップ。今週もエリザベス女王杯ウインマリリンデイリー杯2歳Sソネットフレーズなど有力馬を送り出すが、当方がもっとも注目するのは福島記念(14日)に出走するココロノトウダイ

 毎日王冠を勝ったシュネルマイスターの調教パートナーを務めた際の動きが素晴らしく、今でも鮮明に記憶に残っている。手塚調教師は「シュネルマイスターはかなり離れた位置から追走したから、ココロノトウダイを捕らえられなくて普通だよ」。確かに10馬身近く先行すれば、そのまま先着も当たり前なのだが、翌週にユーバーレーベンと併せた追い切りも、しまいの伸び脚が目立っていた。

 それだけに前走は9か月半ぶりでも勝負になると踏んだのだが…結果は9着。しかし、あれが実力ではないと信じている。<3100>の福島なら今度こその思いで、担当の松本助手に尋ねると「前走はハナを切った馬が後続を引き離して、実質(自分が)逃げるような形になってしまいましたからね。それに体は減っていましたけど、動きに重苦しさが感じられて、いかにも休み明けっていう感じでした」

 一方で「昨秋のセントライト記念の時も結果は6着だったけど、その時にフィエールマンと併せたことで、馬が力をつけて次の福島戦で勝利。その次の中山金杯2着につながったと思いますよ」。トップクラスと併せていく中で、着実にパワーアップしていることも間違いなさそう。さらに「使って体つきも動きもシャープになってきました。金杯の時もいいと思ったけど、その時と同じくらい良くなっていますね。前走の敗戦もあって、ハンデも55キロ。これなら悪くないですね」。長休明けを使って大きく条件は好転している。

「今回は1つ上の半姉フェアリーポルカと初対決。担当の菊本助手とは競馬学校の同期なんです。フェアリーポルカは牝馬だから、なかなか対戦できなかったんですけど、ここで戦うことになるのはうれしいです。お互いにいい結果で…。もちろん負けたくないですね」。“姉弟馬券”を含めて、ココロノトウダイから手広く勝負したい。

(美浦のリベンジ待望野郎・松井中央)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す