スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】アカイトリノムスメ状態上向き 「馬体重が増えているのはいいね」

  • 2021年11月13日(土) 08時00分
 「エリザベス女王杯・G1」(14日、阪神)

 秋華賞アカイトリノムスメは12日朝、美浦坂路で調整。見届けた国枝師は「順調だね。落ち着いていて何の問題もない」と納得の表情だ。

 20年8月の新馬戦(7着)は440キロでの出走で、秋華賞を制した前走時は448キロ。3歳秋で490キロあった母アパパネと比べると馬格は物足りない。指揮官も「一番心配しているのは体が減ること」と不安点を挙げていたが、今回の事前発表馬体重は456キロ。「この時期の3歳はどの馬も増えるものだけど、馬体重が増えているのはいいね。前走を勝って増えるのはいいし、状態も上向き」と笑みを浮かべた。

 枠順は2枠3番に決定。好敵手レイパパレが最内枠になったことに、「レイパパレが行くんだったらマークする形だろうけど」と展開を描きつつ、「流れに乗っていく形だろうね。極端な競馬にはならない。あとはペースがどうかだけで、そこはジョッキー(戸崎圭)の判断に任せます」と最終的には鞍上に託す構えだ。

 母はエリザベス女王杯に3、4歳時に挑戦するも2年連続で3着。「アパパネの忘れ物を取りに行かないとな」。指揮官にとっても、牝馬限定G1グランドスラムが懸かる一戦。力が入るのは当然だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す