スマートフォン版へ

【武蔵野Sレース後コメント】ソリストサンダー戸崎圭太騎手ら

  • 2021年11月13日(土) 18時30分
東京11Rの第26回東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(3歳以上GIII・ダート1600m)は3番人気ソリストサンダー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒0(稍重)。1馬身1/4差の2着に2番人気エアスピネル、さらに半馬身差の3着に6番人気オメガレインボーが入った。

ソリストサンダーは栗東・高柳大輔厩舎の6歳牡馬で、父トビーズコーナー母ラヴソースウィート(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は27戦6勝。

レース後のコメント
1着 ソリストサンダー(戸崎圭太騎手)
「今まで重賞で惜しい競馬が続いていたので良かったです。抜け出しが早いと思いましたが、頑張ってくれました。前が流れていて、後ろで構えられればと思っていたので、イメージ通りの競馬が出来ました。夏に少し体調を崩していましたが、体調も上がってきて、次のレースに向けて良い流れになってきたと思います」

(高柳大輔調教師)
「外枠だったので、内の馬を見ながらレースができると思っていました。持ったまま早めに抜け出してきましたが、後ろから差してくる馬が強いと思っていたので、心配して見ていました。エルムステークスの時は暑さにやられてしまいましたが、南部杯を使ってから体調も良くなってきました。1800mは少し長いと思いますが、馬の状態を見て、この後はチャンピオンズカップに向かう予定です」

2着 エアスピネル(田辺裕信騎手)
「良い位置につけられていたのですが、4コーナーで前にいた4頭が下がってきたため、進路の変更を強いられました。その間に勝ち馬に抜け出され、こちらは踏み遅れる形になりました。ラストに差を詰めているだけに、あそこがスムーズだったらと思います」

3着 オメガレインボー(横山和生騎手)
「形としてはロスなく走り切っていますし、直線では、これならと思ったのですが...。これまで毎回良い所まで来ていて、重賞を勝ってもおかしくない馬なのですが、気持ちや肉体の面でもう一つ壁があるのでしょうか」

4着 ブルベアイリーデ(丸山元気騎手)
「直線に向くまでは良い感じでしたが、外から馬が来ると、耳を絞ってしまいます。併せる形が良くないのか、突き抜けそうで、伸びていきません」

5着 スリーグランド(津村明秀騎手)
「初めてのマイルで、力むところがありましたが、それでも最後にはしぶとく伸びています。これなら距離の融通が利きそうです」

6着 タガノビューティー(石橋脩騎手)
「道中は良い感じでしたが、4コーナーでゴチャついて、取りたい進路を取れませんでした。脚を使っているだけに、4コーナーが痛かったです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す