スマートフォン版へ

ユメロマンが高校の教科書に

  • 2007年03月31日(土) 09時00分
 高校生の生産馬として初めてJRAの競走に優勝したユメロマン(牡5、美浦・宗像義忠厩舎)が、高校の教科書に取り上げられていることがわかった。同馬の話題は、30日に文部科学省の検定に合格した英語IIの教科書(桐原書店)に掲載されており、同馬が生徒たちの世話によって育ち、デビュー戦で勝利するまでが紹介されている。

 ユメロマンは、父ジェネラス母サクラトキメキ(その父アンバーシャダイ)という血統。叔父に04年京成杯(GIII)2着のマイネルマクロスがいる。

 教育実習の一貫として、北海道・静内農業高校の生徒たちによって種付け、生産、育成され、03年サマーセールにおいて250万円で落札。05年2月のデビュー戦(東京・芝1800m)で勝ち上がり、同年12月の3歳上500万下(中京・芝2500m)で2勝目。その後骨折もあったが、1月28日の前走・4歳上500万下(京都・芝2200m)で3着するなど好走を続けている。通算成績17戦2勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す