スマートフォン版へ

【東京スポーツ杯2歳Sレース後コメント】イクイノックス C.ルメール騎手ら

  • 2021年11月20日(土) 18時46分
東京11Rの第26回東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GII・芝1800m)は1番人気イクイノックス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。2馬身半差の2着に4番人気アサヒ、さらに3/4馬身差の3着に6番人気テンダンスが入った。

イクイノックスは美浦・木村哲也厩舎の2歳牡馬で、父キタサンブラック母シャトーブランシュ(母の父キングヘイロー)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 イクイノックス(C.ルメール騎手)
「2戦目でしたが、良いレースをしてくれました。嬉しいです。今日は後ろの位置になりましたが、脚を使ってくれるだろうと思って、気にはしていませんでした。馬が自分でリズムを見つけて走り、直線で加速して、すごく良い脚を使ってくれました。楽勝でした。今後楽しみです」

(木村哲也調教師)
「今日は後ろからのレースになりましたが、わざとではなく、隣の馬との兼ね合いで下げたのでしょう。それであの脚を使うのですから、力があると思いました。レースでも余裕があり、戻ってきてからもキョロキョロするなど、余裕がありました。キタサンブラックの良いところを受け継いでいると思います。次はどのレースに出走するかは別にして、この東京スポーツ杯の歴史を汚さないようにしていきたいです」

2着 アサヒ(田辺裕信騎手)
「前回の馬群の中での競馬が、今回の競馬に繋がりました。前が開いてからの反応も良かったです。ただ、上には上がいる感じです。この馬の力を確認することができたのは良かったです」

3着 テンダンス(和田竜二騎手)
「ゲートは上手く出てくれましたが、3コーナーでペースが落ち着いて、位置が後ろになってしまいました。それでも一戦ごとに力をつけていると思います」

5着 レッドベルアーム(福永祐一騎手)
「良い走りが出来ませんでした。まだバランスの取りにくい走りで、コーナーでも逃げ加減でしたし、脚が溜まりにくい走りでした」

6着 アルナシーム(武豊騎手)
「ノーコントロールでした。返し馬では何とか我慢していましたが......。勿体ないです。気性が問題ですね」

7着 グランシエロ(三浦皇成騎手)
「ゲート練習をしてきて、その効果で良いスタートを切って、位置を取ることが出来ました。実戦では他の馬のリズムで走らされて、切れを削がれてしまいました。いつものこの馬の脚が使えませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す