スマートフォン版へ

【ジャパンC 枠順データ分析】圧倒的に内枠有利で、近年はよりその傾向が顕著に!

  • 2021年11月25日(木) 18時33分
 28日に東京競馬場で行われるジャパンC(3歳上・GI・芝2400m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる7回の馬券絡みが1番。次点で4回の2番が続き、3回が5番、15番となっている。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 4-3-2-8/17 複勝率52.9% 複勝回収率183%
2枠 2-0-2-15/19 複勝率21.1% 複勝回収率37%
3枠 1-1-2-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率95%
4枠 1-1-0-18/20 複勝率10.0% 複勝回収率11%
5枠 0-2-0-18/20 複勝率10.0% 複勝回収率33%
6枠 0-1-0-19/20 複勝率5.0% 複勝回収率14%
7枠 1-0-3-18/22 複勝率18.2% 複勝回収率41%
8枠 1-2-1-22/26 複勝率15.4% 複勝回収率40%

【直近5年限定】
1枠 3-2-0-2/7 複勝率71.4% 複勝回収率124%
2枠 1-0-2-6/9 複勝率33.3% 複勝回収率44%
3枠 1-0-1-8/10 複勝率20.0% 複勝回収率30%
4枠 0-1-0-9/10 複勝率10.0% 複勝回収率11%
5枠 0-1-0-9/10 複勝率10.0% 複勝回収率16%
6枠 0-1-0-9/10 複勝率10.0% 複勝回収率29%
7枠 0-0-1-9/10 複勝率10.0% 複勝回収率15%
8枠 0-0-1-11/12 複勝率8.3% 複勝回収率27%

 馬番別の3着内数1位が1番、2位が2番。この数字が示す通り、1枠が圧倒的な成績を収めている。14年から19年まで5年連続で馬券絡みを果たしていた。昨年こそ1枠1番のカレンブーケドールが4着止まりだったが、勝ったのは2枠2番のアーモンドアイ。上位3頭が前出のアーモンドアイに加えコントレイルデアリングタクトの3強で、離れた5番人気でハナ差の4着ならば、やはり1枠の優位性は大きいと言えるだろう。

 直近5年に絞ると、勝ち馬は全て3枠より内側から出ており、1枠の複勝率は実に71.4%。一方、5枠より外は、延べ42頭出走して勝ち馬ゼロの2着2回3着2回と苦戦しており、内枠優勢の傾向がより顕著になっている。今年も白帽(1枠)に注目だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す