スマートフォン版へ

【カトレアSレース後コメント】コンシリエーレ C.ルメール騎手ら

  • 2021年11月27日(土) 16時09分
東京9Rのカトレアステークス(2歳オープン・ダート1600m)は1番人気コンシリエーレ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒0(稍重)。クビ差の2着に6番人気カフェカルマ、さらにクビ差の3着に5番人気ヘラルドバローズが入った。

コンシリエーレは美浦・稲垣幸雄厩舎の2歳牡馬で、父ドレフォン母ターシャズスター(母の父Spanish Steps)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 コンシリエーレ(C.ルメール騎手)
「ペースが遅かったですし、彼は跳びが大きいので、早めに動いて行きました。先頭に立ってから遊ぶところがありましたが、能力はありそうです。まだ緩いところがありますし、子供です」

2着 カフェカルマ(内田博幸騎手)
「スタートの時はモタモタしているので、ここ2戦は、よく前に行けたという感じです。今日は砂を被った経験が次に繋がると思います。展開に左右されるところがありますし、最後に苦しくなることも課題です」

3着 ヘラルドバローズ(石橋脩騎手)
「元気が良かったですし、良い雰囲気でした。これまでの映像を見ると、ゲートはあまり出ないと思ったので、あの形を想定していました。最後は差せるかという感じでしたが、相手も強かったです」

5着 エルパソ(横山和生騎手)
「ダートの方が良いですし、終いを活かす形が合っています。最後の脚も良かったです。このクラスを勝つチャンスはあると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す