スマートフォン版へ

【ジャパンC】コントレイル 最高の有終V 福永男泣き「本当に強いこと知ってほしかった」

  • 2021年11月29日(月) 12時28分
 「ジャパンC・G1」(28日、東京)

 断然の1番人気に推されたコントレイルが、力強く末脚を放ってG1・5勝目をマーク。ラストランを圧倒的な内容で締めくくり、有終の美を飾った。令和の3冠馬の物語はこれで完結したが、今後は種牡馬としての大仕事が待っている。父ディープインパクト、そして自らを超える子をターフへ送り出したい。

 秋晴れの東京競馬場に、飛行機雲が真っすぐに伸びた。今回がラストランとなるコントレイル。ラスト100メートルで先頭に立つと、最後は流す余裕すらあった。最後にして最高の走り。これまで苦楽をともにしてきた福永は涙を拭いながら、唯一無二のパートナーの首筋をなでた。

 「きょうで終わりだと思うと、こみ上げるものがあります。立派でした。感動しました」

 レースが動いたのは向正面。後方からキセキから動く奇襲に出た。しかし、もはや他馬は関係ない。コントレイルと自分の呼吸を合わせることだけに集中した。「向正面でいいポジションに入れたので、あとはリズムを守って無駄な脚を使わないように専念した」。完璧なレース運びだった。

 2020年、父ディープインパクト以来の無敗3冠という偉業を達成。しかし、その後は3冠馬3頭の対決となった20年のジャパンCで2着に敗れ、21年の大阪杯は3着、前走の天皇賞・秋も2着。周囲から「本当に強いのか」「恵まれた世代だったのでは」という声もささやかれた。しかし、鞍上は相棒の強さを信じていた。

 「この馬が本当に強いということをみんなに知ってほしかったです。何がすごいって、三千を走れる馬ではないんですよ、今までの3冠馬と違って。調教次第では千二でも走れると思うくらいの馬ですから」

 それを証明するにはここで勝つしかない-。不退転の決意で臨んだ現役最終戦だった。

 今後は父ディープインパクトの後継種牡馬として、血統を広げていく仕事が待っている。「無敗の3冠馬から無敗の3冠馬へ。これを継続できるのはコントレイルだけ。そういう馬を送り出してくれることに期待したい」。無観客のなかダービーを制した令和のスーパーホースは、多くの観客に見守られながら府中のターフを後にした。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す