スマートフォン版へ

【船橋・クイーン賞】好位差し狙うウェルドーン/レースの見どころ

  • 2021年11月30日(火) 17時00分
 12/1(水)に船橋競馬場で行われるクイーン賞。師走の牝馬ハンデ重賞に今年は14頭が顔をそろえたが、JRA勢を中心に能力拮抗のメンバー構成となった。主な出走馬は以下の通り。

■12/1(水)クイーン賞(3歳上・牝・JpnIII・船橋ダ1800m)

 ウェルドーン(牝3、栗東・角田晃一厩舎)は5月に鳳雛ステークスを快勝すると、関東オークスでは好位から直線で難なく抜け出し、3連勝で重賞初制覇。7月にはジャパンダートダービーに参戦し、好位4番手から直線外めを伸びて勝ち馬とはタイム差なしの3着と善戦。続く初の古馬対戦となったレディスプレリュードでも3着を確保しており、今回はそのとき先着されたレーヌブランシュテオレーマが不在とあれば勝機は十分だ。

 リネンファッション(牝4、栗東・坂口智康厩舎)は今年5月に3勝クラスを勝利すると、重賞初挑戦となったスパーキングレディーカップで2着を確保。その後もブリーダーズゴールドカップで半馬身差2着、前走のJBCレディスクラシックでも3着と牝馬のダートグレードで実績を重ねている。今回はC.ルメール騎手への乗替わりも2度目のコンビで上積みが見込めるだけに重賞初制覇のシーンまで。

 プリティーチャンス(牝4、栗東・野中賢二厩舎)は、今年9月に3勝クラスを勝ち上がると、続くみやこSでは後方2番手追走からメンバー中2番目の上がりで追い上げ、牡馬相手に4着と善戦。重賞初挑戦で見せ場を作った。初の地方コースでも牝馬同士の重賞ならチャンスといえる。

 昨年のこのレースを制したサルサディオーネ(牝7、大井・堀千亜樹厩舎)は、今年はスパーキングレディーカップスパーキングサマーカップ日本テレビ盃と重賞3連勝。続く前走のJBCレディスクラシックでは主導権を取るも早々と失速して10着だったが、マイペースの逃げに持ち込めば連覇も圏内だ。

 エリザベスタワー(牝3、栗東・高野友和厩舎)は昨年12月、芝の新馬戦を後方から直線一気に突き抜けて勝利。3走目のチューリップ賞では好位から脚を伸ばし1着同着で重賞タイトルを獲得。その後の2戦は掲示板外で、今回は5月以来の実戦に加え初ダートとなるが、未知の魅力に賭けてみる手はある。

 ダイアナブライト(牝5、川崎・内田勝義厩舎)は、ダートグレード初挑戦となった前走レディスプレリュードで4着。3着のウェルドーンには3馬身半離されたが、当時は同馬より重量が1キロ重かった。今回は川崎への移籍初戦になるが、ウェルドーンより1キロ軽い53キロと重量面で恵まれただけに上位進出が期待できる。

 発走は20時05分。

◆船橋競馬特集ページでは船橋全レースの予想印を無料公開中!

◆船橋公式重賞ページには、様々な情報が盛りだくさん!データも活かして的中を狙おう!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す