スマートフォン版へ

【チャンピオンズC 血統データ分析】2勝で並ぶゴールドアリュールとキングカメハメハ

  • 2021年12月02日(木) 12時20分
 5日に中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ(3歳上・GI・ダート1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去7年で最多となる5回の馬券絡みがゴールドアリュール。次点で2回のキングカメハメハシンボリクリスエスフレンチデピュティケイムホームが続く。

 ゴールドアリュール産駒は[2-2-1-11]。昨年は1人気の支持を集めたクリソベリルが4着に敗れているものの、2着には3人気のゴールドドリームが入線。上位人気、とくに1人気を過信できない傾向にあり、クリソベリルほか、19年2着ゴールドドリーム、15年7着コパノリッキー、14年12着コパノリッキーと1人気は3頭が馬券圏外に敗れている。今年はサンライズノヴァが出走予定。

 クロフネ産駒は[0-1-0-0]。出走例は17年2着テイエムジンソクに限られるが、同馬は勝ち馬とはタイム差のないクビ差の惜敗で、勝ちに等しい内容を示していた。また、フレンチデピュティ系として捉えれば、15年3着、16年1着とサウンドトゥルー(父フレンチデピュティ)がリピーターとして活躍。今年は初ダートの動向が注視されるソダシが該当する。

 キングカメハメハ産駒は[2-0-0-8]。ゴールドアリュールと並ぶ2勝を挙げており、14年ホッコータルマエ、20年チュウワウィザードが勝ち馬として名を連ねている。また、15年には8人気ロワジャルダンが勝ち馬から0秒3差の4着(3着とはアタマ差)で入線するなど、人気薄の健闘ぶりも目に留まる。今年は2連覇を目論むチュウワウィザードほか、エアスピネルが出走予定。

 カジノドライヴ産駒のカジノフォンテンシニスターミニスター産駒テーオーケインズパイロ産駒ケンシンコウメイショウハリオマジェスティックウォリアー産駒のサンライズホープ、いずれも好走例のないA.P. Indyの直系[0-0-0-9]。ただし、過去の出走馬は延べ9頭のうち8頭が8人気以下の人気薄でもあったので、今年は改めて真価を問われることになりそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す