スマートフォン版へ

【チャンピオンズC「見逃せない調教師」ベスト3】中京ダート1800mで最も安心して狙えるのは○○調教師

  • 2021年12月01日(水) 17時30分
 チャンピオンズCに管理馬を登録している18人の調教師のうち、2016年以降の中京ダート1800mにおける3着内数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出。チャンピオンズCで、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は大久保龍志調教師。集計期間内に中京ダート1800mで7勝、複勝率33.3%という成績を残している。ただし、複勝回収率は70%と馬券妙味は今ひとつ。勝率19.4%、単勝回収率126%と「頭あって紐なし」の傾向が強いので、単系の馬券で狙うのが良さそうだ。
 
 今年はチュウワウィザードで連覇を狙う。今年は勝ち星こそないものの、何と言ってもドバイワールドカップ2着の実績が光っている。衰えは全く感じられないし、骨折明けのJBCクラシックを叩かれ、今回は状態面の上積みも大きい。

 2位は笹田和秀調教師。集計期間内に中京ダート1800mでは1勝のみだが、馬券内は10回。複勝率34.5%、複勝回収率193%と、馬券的に非常に魅力的な存在だ。7番人気以下で4回馬券に絡んでおり、14番人気2着(複勝2910円)、12番人気3着(複勝860円)という超大穴も含まれている。
 
 今年はエアスピネルが出走予定。騎乗予定だったムーア騎手が短期騎手免許の取得を断念したのは誤算だろうが、前述の通り、人気薄での激走が目立つ厩舎だけに、馬券妙味という点ではむしろ歓迎かもしれない。

 第1位に輝いたのは野中賢二調教師。集計期間内に中京ダート1800mで8勝を挙げ、複勝率は36.1%。着別度数上位の調教師の回収率が伸び悩む中、複勝回収率88%と回収率も高いレベルでまとめてきた。好走数、好走率、回収率の総合点で最も信頼できる調教師と言えるだろう。

 今年はインティが出走予定。同馬はチャンピオンズCに19年、20年と連続で出走し、ともに3着。7連勝でフェブラリーSを制した当時の勢いはないものの、一線級で戦える力は保っている。ここ2戦は上がり最速を記録し、脚質転換にも成功。3年連続での馬券絡みも十分にありそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す