スマートフォン版へ

平手友梨奈らが会見 新人女性騎手を演じるNHKドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』が18日、25日に放送

  • 2021年12月15日(水) 21時40分
 女優の平手友梨奈(20)が新人女性騎手役、俳優の中村蒼(30)が調教師役として出演する、NHK土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』が今週末18日から2夜にわたって放送される。

『風の向こうへ駆け抜けろ』は、古内一絵の小説を原作とする作品。地方競馬、鈴田競馬場にある廃業寸前の緑川厩舎を舞台に、平手友梨奈演じる新人女性騎手・芦原瑞穂と、中村蒼演じる調教師・緑川光司らが中央競馬のGI・桜花賞に挑む物語となっている。

 撮影はすでに終了しており、初のドラマ主演を務めた平手が「他の現場では、なかなかできない経験でした」と振り返ると、中村は「厩舎メンバーは、個性豊かな方々が多く、とても楽しく撮影できました」と続いてコメント。

 新人女性騎手を演じた平手は「芦原瑞穂という騎手は、幼い頃から馬と暮らしてきたので、自分も常に馬と触れ合い、側にいてあげました。

 競馬自体、全く知らなかったのですが、この作品をきっかけに、たくさん学びがありましたし、ジョッキーの方の苦労を少しでも味わえたのかなと思います」と役柄を振り返るとともに、ホースマンの大変さについて関心を寄せていた。

 調教師を演じた中村は「緑川光司という調教師は、一度夢を諦め、時間がただ過ぎていくのを待っていた人間でしたが、芦原瑞穂に影響され、新たな自分を見つけ、再生していく人間なので、成長していく姿を意識しながら演じました」と話した。

 また中村は、自身の競馬に対する印象の変化について「競馬は、ギャンブルというイメージが強かったのですが、この作品に出演することで、騎手の方はもちろん、馬を管理する厩務員や調教師など色々な人たちが関わって、一つのレースができていると知り、見方がとても変わりました」と語った。

 共演中の出来事については、中村が「瑞穂が何回も馬に振り落とされて、なんとか騎乗できるシーンがあったのですが、目の前でだんだん平手さんが泥んこになっていくのを見て、少し心配になった事もありました」と撮影シーンを回顧。

 これに対し平手は「私は全然怖くはなかったです。お馬さんと一緒にいる方が安心してました」などと話し、取材会では二人の仲が良い様子がうかがえた。

【NHK土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』】
◆放送日程
前編:2021年12月18日 21:00〜22:13
後編:2021年12月25日 21:00〜22:13

◆原作
『風の向こうへ駆け抜けろ』古内一絵

◆出演
平手友梨奈、中村蒼ほか

(取材、構成:netkeiba編集部)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す