スマートフォン版へ

【次走】ユーバーレーベンは京都記念へ 手塚師「選出されたらドバイに行きたい」

  • 2021年12月02日(木) 17時20分
 ジャパンCで6着だったユーバーレーベン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)は、来年2月13日に阪神競馬場で行われる京都記念(4歳上・GII・芝2200m)に向かうことがわかった。

 ユーバーレーベンは父ゴールドシップ母マイネテレジア、母の父ロージズインメイという血統。通算成績は9戦2勝。

 昨年6月の2歳新馬戦でデビューし、初勝利。その後は重賞で2着1回、3着3回となかなか栄冠に手が届かなかったが、今年のオークスで優勝し、悲願の重賞初制覇と同時にGI制覇も達成した。

 ユーバーレーベンについて、管理する手塚調教師は「選出されたらドバイ(国際競走)に行きたい」と海外参戦に意欲を見せている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す