スマートフォン版へ

コントレイルが社台スタリオンステーションに到着「日本の宝を預かった気分です」

  • 2021年12月03日(金) 22時18分
 ジャパンカップを勝利し、GI・5勝で現役を引退したコントレイル(牡4)が、種牡馬生活を送る社台スタリオンステーションに3日、到着した。

 コントレイルは、父ディープインパクト母ロードクロサイトその父Unbridled's Songという血統。通算成績は11戦8勝。

【ノースヒルズ 北海道マネージャー福田洋志さんのコメント】
「2年間、一生懸命走ってくれて、まずはお疲れ様でしたと言いたいです。経験したことがないような感動を与えてくれてコントレイルには、感謝の気持ちでいっぱいです。

 これからはお父さんとして、多くの方々に長く愛されるような種牡馬になってほしいと思います。産駒にもお父さん同様、多くの方々に愛されるような馬たちが、出て来てくれたらいいですね。キズナの仔、ディープボンド凱旋門賞を挑戦してくれたように、コントレイルの仔で世界の大きいレースを目指したいです」

【社台スタリオン事務局 徳武英介さんのコメント】
「日本の宝を預かった気分です。サンデーサイレンスディープインパクトを思い出すような馬で、懐かしい気持ちと、これから凄い種牡馬になるんだなと期待しています。

 改めて新馬からのレースを振り返りましたが、本当にバネとスピードがある馬で、この能力を伝えていけるようにスタッフ一同頑張りたいと思います。まずは確実に受胎できるように、準備をしていきたいと思ってます。

 初年度から(お父さんのディープインパクトと同じ)1200万円という高額な種付料となっていますが、最後のレースを見てそれだけの価値があると確信したお客様も多かったようですし、(価格に)ふさわしい馬だと思います。それでも安いというお客様もいました。期待は大きいと思います」

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す