スマートフォン版へ

【チャレンジCレース後コメント】ソーヴァリアント C.ルメール騎手ら

  • 2021年12月04日(土) 18時34分
阪神11Rの第72回チャレンジカップ(3歳以上GIII・芝2000m)は1番人気ソーヴァリアント(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒0(良)。3馬身半差の2着に4番人気ヒートオンビート、さらにアタマ差の3着に5番人気ペルシアンナイトが入った。

ソーヴァリアントは美浦・大竹正博厩舎の3歳牡馬で、父オルフェーヴル母ソーマジック(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は9戦4勝。

レース後のコメント
1着 ソーヴァリアント(C.ルメール騎手)
「調教にも乗り、良い追い切りをしてくれましたし、勝つ自信を持ちました。絶対能力がありますし、上のクラスにもいけると思います。一度ステッキを使いましたが、要らなかったですね。ゴールまで馬の集中が大事ですから、優しくムチを使いました。今日、大きな差で勝ちましたし、GII、GIで絶対にいけると思います。とても楽しみです」

2着 ヒートオンビート(川田将雅騎手)
「今日は良い走りが出来ました。勝った馬が強かったですが、この馬も精神的に成長が伴ってくれば、より良い走りができると思います」

3着 ペルシアンナイト(岩田望来騎手)
「ゲートを上手く出せず、位置が一つ二つ、後ろになりました。最後、脚を使っていますし、しっかり走れています。何かきっかけをつかめば、もう一花咲かせられると思います」

4着 ジェラルディーナ(福永祐一騎手)
「スタートも上手に出てくれました。本当は前目で競馬をしたいと思っていましたから。馬は体にも幅が出てきて、ここでも力を発揮してくれると思っていましたが、上手く力を発揮させることができませんでした」

7着 モズナガレボシ(松山弘平騎手)
「スタートは良かったです。馬場を考えて、ある程度勝ちを意識できるポジションでレースをしたいと思っていました。最後は決め手の差が出てしまいましたが、もう少しスタミナ勝負の競馬がしたかったです」

9着 メイショウオーパス(幸英明騎手)
「今日は展開が向かなかったです」

10着 アルジャンナ(武豊騎手)
「3コーナー過ぎに少し脚を使っただけで終わってしまいました。本気ではないのかもしれませんね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す