スマートフォン版へ

【中日新聞杯見どころ】上位拮抗も3歳馬ラーゴムが人気の中心か

  • 2021年12月06日(月) 10時00分
 登録唯一の3歳馬ラーゴムに注目したい。きさらぎ賞と同舞台のここで重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/11(土) 中日新聞杯(3歳上・GIII・中京芝2000m)

 ラーゴム(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)は今年2月に今回と同舞台のきさらぎ賞で重賞初制覇。その後は2桁着順が続いていたが、前走のアンドロメダSで久々の勝ち星を飾った。折り合いに難しさはあるが地力は高い馬。前走を勝った勢いで重賞でも勝ち負けを期待したい。鞍上は池添謙一騎手

 ボッケリーニ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は昨年の同レース覇者で、続く小倉大賞典でもハナ差2着と活躍。今年の夏はやや調子を落としていたものの、立て直された前走のアンドロメダSではトップハンデの中で2着と好走した。今回もハンデを背負うことになりそうだが、こなして連覇なるか。

 その他、オープンで好走を続ける超高額馬アドマイヤビルゴ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、半年ぶりの休み明けになるヒンドゥタイムズ(牡5、栗東・斉藤崇史厩舎)、昨年の目黒記念勝ち馬キングオブコージ(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)、前走は天皇賞(秋)に挑戦したラストドラフト(牡5、美浦・戸田博文厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す