スマートフォン版へ

【阪神JF】ナムラリコリス 血統的に距離をこなせる下地&父が持つ意外性も魅力

  • 2021年12月07日(火) 10時01分
 「阪神JF・G1」(12日、阪神)

 先日、エリザベス女王杯Vのお祝いがてら、中竹厩舎へ出向いてアカイイトを担当する若林助手を訪ねた。聞けば、厩舎のG1勝ちは09年NHKマイルCのジョーカプチーノ以来(※)だとか。「(ジョーは)坪田助手が担当していましたが、すごく気性のキツい馬でしたよ。まともに調教ができなくて、ほぼプールだけで仕上げて勝ったことも。あとから思えば“そりゃG1獲るよな”って思いました」と懐かしそうに話していた。

 そんなジョーカプチーノを父に持つナムラリコリスは、サンデーサイレンスの3×3(25・00%)というキツいインブリードが特徴的。母系は深さがある割にさほど活躍馬が出ていないのだが、そこは歴史あるナムラ一族の血を繋いでもらったことに感謝。気性の激しい父から注がれたSSの血量の多さが刺激となり、リコリスによって活気を取り戻したのはうれしい限りだ。

 正直、2歳の現段階ではマイルは長い印象を受けるものの、スタミナ自慢のマンハッタンカフェマツリダゴッホバックボーンもあり、血統的に距離をこなせる下地はある。父が持つ意外性も魅力。道中うまく息を入れられるようなら、大仕事をやってのけても不思議はない。(デイリースポーツ・松浦孝司)

 ※18年ホープフルSのサートゥルナーリア(角居厩舎から転厩中にV)はカウントしていません

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す