スマートフォン版へ

【中日新聞杯「見逃せない調教師」ベスト3】中京芝2000mでも複勝率は47.8%。芝中距離で逆らえない調教師は?

  • 2021年12月08日(水) 18時03分
 中日新聞杯に管理馬を登録している17人の調教師のうち、2016年以降の中京芝2000mにおける勝利数、複勝率、複勝回収率をもとに抽出。中日新聞杯で、馬券的にも「見逃せない調教師」とは?

 3位は池江泰寿調教師。集計期間内に中京芝2000mで10勝、複勝率33.8%という成績を残している。複勝回収率65%と、このコース全体での回収率は高くはないものの、重賞に絞ると[2-1-3-11]で複勝回収率101%まで上昇。特に中日新聞杯を得意としており、16年サトノノブレス(1番人気1着)、18年ストロングタイタン(7番人気3着)、20年中日新聞杯(2番人気1着)と直近5年で3回馬券に絡んでいる。

 今年はアイスバブルボッケリーニが出走予定。連覇を狙うボッケリーニは当然有力だが、アイスバブルも今夏の函館記念で2着するなど衰えは感じられない。人気薄でも侮れない伏兵だ。

 2位は松下武士調教師。集計期間内に中京芝2000mで4勝(複勝率23.8%)。人気薄での激走が多いのが特徴で、複勝回収率は157%に達する。18年1月14日の3歳新馬戦で、18頭立て18番人気のプラードデラルスで2着というド派手な大穴を開けたほか、20年9月13日の2歳新馬ではテリオスルイで8番人気1着、21年6月5日の鳴尾記念ではショウナンバルディで9番人気2着。先週の栄特別でもテリオスマナが11番人気2着と「穴の松下」は健在だ。
 
 今年はショウナンバルディが出走予定。前出の鳴尾記念2着に加え、昨年の中日新聞杯でも8番人気の低評価ながら0.3秒差の4着と健闘しており、このコースでは人気以上の走りを期待してよいだろう。

 第1位に輝いたのは友道康夫調教師。集計期間内に中京芝2000mで13勝を挙げ、複勝率は47.8%。芝の中距離以上において、やはりこの厩舎を外すことはできない。
 
 このコースの重賞での3度の馬券絡みは、愛知杯2着(ランブリングアレー)、きさらぎ賞2着(ヨーホーレイク)、金鯱賞3着(ブラヴァス)といずれも2021年のもの。そろそろ1着が欲しいところだ。

 今年はアドマイヤビルゴが出走予定。5億8000万円(税抜き)という取引価格ばかりが注目されてきたが、着実に力をつけてオープンまで上がってきた。当然、素質は重賞級だ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す