スマートフォン版へ

【阪神JF】“熊本の新スター”ヒノクニ沸かせる 深山師は初の大舞台にも平常心強調

  • 2021年12月09日(木) 06時10分
 「阪神JF・G1」(12日、阪神)

 熊本県産馬ヒノクニ(牝2歳)を阪神JFへ送り出す深山雅史調教師(44)=美浦。東京都文京区の出身。いちファンだったのが、快速馬サイレンススズカの圧倒的なスピードに魅了され、いつしか競馬の世界へ。定年を迎えた師匠・伊藤正徳厩舎を受け継ぐ形で、19年3月に開業。そして、開業3年目で初のG1舞台に臨む。

 ヒノクニは、2020年の当レースで5着に入り、21年8月の北九州記念で熊本県産馬初の重賞Vを達成したヨカヨカと同じ、熊本県・本田土寿氏の生産馬だ。ヨカヨカの背を追うように、夏の小倉でひまわり賞を快勝。初ダートの前走では大敗したが、師は「芝で改めて、ですね。大きく変わったところはないけど、引き続き順調です。踏み込みが良く、動きの柔らかさが結果につながっていますね」と笑顔で前を向く。

 「新馬以来の千六ですが、条件として合わないことはないです。G1初挑戦?相手も強いし、まずは目の前のことをしっかりやっていきたいですね」と、初の大舞台にも平常心を強調。志半ばでターフを去った“先輩”の分まで-。新たな九州産の星がターフを沸かせる。(デイリースポーツ・村上英明)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す