スマートフォン版へ

【阪神JF】サークルオブライフ 2歳女王戴冠 M・デムーロ JRA2歳G1完全制覇

  • 2021年12月13日(月) 06時10分
 「阪神JF・G1」(12日、阪神)

 3冠牝馬アパパネや、G1・9勝のアーモンドアイを輩出した名門・国枝厩舎から、新たなヒロインの誕生だ。3番人気のサークルオブライフが豪快な差し切りを決め、2歳女王の座に輝いた。騎乗したM・デムーロ騎手(42)=栗東・フリー=は、この勝利でJRA2歳G1完全制覇、18年ダノンファンタジーで制したC・デムーロとの兄弟制覇となった。2着は8番人気のラブリイユアアイズ、3着には4番人気のウォーターナビレラが続き、1番人気のナミュールは4着に敗れた。

 冬の仁川に、大きな雄たけびが響いた。サークルオブライフを勝利に導いたM・デムーロは、「イ〜ヤッホー」と両こぶしを何度も突き上げ、出迎えた国枝師と固く抱き合った。阪神JF初騎乗から20年。10度目の挑戦で手にした栄冠。JRA2歳G1完全制覇を達成する会心の勝利に、鞍上は「うまくいってうれしい。素晴らしい脚だった」と相棒を絶賛した。

 信頼という絆が、勝利への原動力だった。道中は中団やや後方を追走。終始、外々を回る苦しい展開になったが、4角では迷わず外へ導いた。直線は右ステッキ連発で相棒を鼓舞。「結構外に行ったけど、馬を信じていた。レース前も勝つイメージしかなかった。最後の坂で負けないと思った」。残り100メートル付近で、粘るライバルを見事に差し切った。

 兄の貫禄も見せつけた。弟のC・デムーロが3年ぶりに短期免許で来日。妻と子どもが母国イタリアに帰国しており、現在は自宅に招いての2人暮らしだ。普段は言葉の通じない弟の世話を焼く優しい兄。だが、勝負となれば話は別だ。「クリスチャンはとてもうまい。けど、負けたくない。勝つととてもうれしい」。弟が騎乗した1番人気ナミュールを倒してのVに、思わず白い歯がこぼれた。

 国枝師も「うまく乗ってくれた。安心して見ていられた」と人馬をたたえる。3冠牝馬アパパネと同じ、福田助手が担当する素質豊かな2歳牝馬。20年引退したG1・9勝の名牝アーモンドアイなど、これまで数々のG1馬を輩出した名門に誕生したニューヒロインに、「来年が楽しみ」と師の期待も大きい。

 今後についてはオーナーと協議して決めるが、22年の牝馬クラシックを目標にする方針だ。桜花賞(4月10日・阪神)と同じ舞台での勝利に、「自信が湧いてきたね。もともと長いところがいいと思っていたし、桜花賞を勝てれば、オークス(5月22日・東京)はより自信を持って出せる」と指揮官。桜花賞オークス、そして厩舎3頭目の牝馬3冠へ-。2歳女王の夢は、広がるばかりだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す