スマートフォン版へ

ラムゼイ夫妻所有馬14頭がキーンランド・ジャニュアリーセールに上場

  • 2021年12月13日(月) 13時45分
 大手オーナーブリーダーのケンとサラのラムゼイ夫妻がウェスリー・ウォード厩舎に預託している現役馬14頭が、1月10日から13日までケンタッキー州で開催される、キーンランド・ジャニュアリーセールに上場されることになった。ジェサミン郡裁判所の許可が出たとして、ウォード調教師の代理人を務めるグラハム・モーガン弁護士が10日に発表したものだ。

 G1ドバイワールドCを制した後、日本で種牡馬入りしたロージズインメイを現役時代に保有していた他、04年の全米最優秀芝牡馬で、13年に全米リーディングサイヤーとなったキトゥンズジョイを生産所有していたのが、ラムゼイ夫妻だ。

 近年は預託料の支払いが滞るようになり、ウォード厩舎に対する未払金は100万ドル近くに達していた。ラムゼイ氏とウォード師は今年初め、完済するまで毎月10万ドルずつ支払うことで合意したが、実際に支払われたのは1カ月分だけで、これを受けてウォード師側が法的手段に訴え、14頭が売却して預託料未払い分の補填に充てることになったものだ。

 上場馬には、今年7月にピムリコで行われたG3ボルチモアワシントン国際ターフカップS(芝8F)で2着となったラムゼイソリューション(セン5)や、昨年のG2ベサラビアンS(AW7F)勝ち馬アーティーズプリンセス(牝4)らが含まれている。

(文:合田直弘)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す