スマートフォン版へ

【海外競馬】父母ともに凱旋門賞馬の仔が未出走で種牡馬入り

  • 2021年12月16日(木) 12時10分
 英競馬メディア『Racing Post』は現地時間14日、2009年の凱旋門賞馬シーザスターズを父に持ち、2008年の凱旋門賞馬ザルカヴァを母に持つザスカー(牡3、Zaskar)が未出走ながら種牡馬入りすると報じた。

 同馬はフランス中部のスタリオン“Haras de Cercy”で繋養され、種牡馬生活を送るとのこと。初年度の種付け料は2200ユーロ(日本円で約29万)に設定されている。

 シーザスターズ(牡15、Sea The Stars)は父Cape Cross母アーバンシー、母の父Miswakiという血統の愛国産馬。半兄に世界的大種牡馬ガリレオがいる。

 現役時代は英クラシック二冠の他にエクリプスSインターナショナルS愛チャンピオンSを制覇。ラストランとなる2009年凱旋門賞では、母アーバンシーとの母子制覇も達成し、通算でG1・6勝をあげた。通算成績は9戦8勝。

 ザルカヴァ(牝16、Zarkava)は父Zamindar母Zarkasha、母の父Kahyasiという血統の愛国産馬。

 現役時代は2008年凱旋門賞、ヴェルメイユ賞、ディアヌ賞などG1・5勝。特に凱旋門賞は1993年のアーバンシー以来15年ぶりの牝馬による制覇だった。通算成績は7戦7勝。

 ザスカーの半兄で2017年サンクルー大賞覇者ザラック(父Dubawi)も種牡馬生活を送っており、今年フランスの新種牡馬リーディングに輝くなど実績をあげている。未出走馬だが、世界的な良血ザスカーにも当然大きな期待がかかる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す