スマートフォン版へ

【有馬記念】横山武 エフフォーリアは「別次元」乗った瞬間感じた「欠点ない」【一問一答】

  • 2021年12月20日(月) 06時30分
 「有馬記念・G1」(26日、中山)

 2021年、大ブレークを果たした横山武史騎手(22)=美浦・鈴木伸=が、ファン投票1位の支持を得たG1・2勝馬エフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸)と年末のグランプリに挑む。東のリーディング首位をひた走る若武者は、19日に自身初の年間100勝を達成するなど、その勢いは増すばかりだ。パートナーにとって年度代表馬の称号も懸かる大一番を前に、意気込みを聞いた。

  ◇  ◇

 -暮れの大一番に、ファン投票1位の馬で参戦する。

 「それだけファンの皆さんがエフフォーリアを好きな証しだと思うし、期待してくれていると思うのでうれしいですね」

 -有馬記念のイメージは。

 「印象に残っているのは、オヤジ(横山典)がブエナビスタで負けた時(09年=ドリームジャーニーに差されて1番人気2着)。すごく悔しかった。G1中のG1ですからね。ダービーと並んで、価値のある大きなレースだと思っています。それは小さい時から、今も感じています」

 -エフフォーリアに初めて乗った時の印象は。

 「去年の夏ですね。乗った瞬間、今までの馬とは別モノだって感じでした。他の馬たちには申し訳ないんですけど、とにかく別次元。ただ当時の自分は、ウインマリリンでG2のフローラSしか勝っていなかったから、さすがにG1を勝ったことがないジョッキーが『この馬、G1勝てる』とは言えなかったので、『重賞を勝てるレベルの馬』としか言えなかった。本当は『G1を狙える馬』って言いたかった。それほどでした」

 -どのあたりが“別モノ”か。

 「何に例えればいいのか…乗ったら違うんです。ハッキングで分かりました。柔らかくて、バネがあって体の使い方がうまい。なおかつパワーもある。欠点がないんですよ」

 -ダービーでは悔しい思いをした。

 「初めてですね、もう放心状態。(レース後に)周りの先輩からいろいろ声を掛けてもらったのですが、覚えていないです。今も完全に癒えてはいないし、正直、チラッと思い出すことがあるんです。でも、それがあったからこそ天皇賞に生かせたのかなと思います」

 -その天皇賞・秋を振り返って。

 「春からまた一段と馬が良くなっていました。調教の雰囲気も今までで一番良かったです。何が逃げるか分からない状況で、どういう競馬になるかすごく悩みましたが、変に考え過ぎず、馬の力を発揮することだけを心掛けて臨もうと。結果的には理想的なポジションが取れたと思うし、折り合いもついて、馬の力を発揮することができたのかなと思います」

 -強い年長馬が2頭(コントレイルグランアレグリア)いた。

 「メンバーどうこうより、まずはエフフォーリアの能力を引き出すことが最優先なので。そうすれば結果がついてくると思ったし、その通りになってくれて良かったです」

 -今回、本番に向けてプレッシャーは。

 「もちろんあります。それは今回に限らず、天皇賞の時もありました。大きなレースで1番人気とか、上位人気の馬に乗れるなんて、なかなかないことですから」

 -昨年末、関東リーディングを争っている時は“眠れなかった”と言っていた。

 「今年はメチャメチャ眠れています(笑)。天皇賞の前の日も大丈夫でした。今年は大きいレースも勝てたし。菊花賞を勝てたことで、気持ちに余裕も持てました」

 -周囲の空気も変わってきた。

 「ファンレターがすごく多く届くようになりました。以前はたまにでしたが、ここ一年ですね。全部読んでますよ。女の子も多いし、おじさんや同じ年ぐらいの男の人からも来ます。同性の人から“パワーもらえます”って言われると、すごくうれしいですよ」

 -エフフォーリアにとって中山2500メートルは。

 「不安はそこですかね。馬自身の能力に疑う余地はないけど、トリッキーなコースですから。スタミナは大丈夫だと思いますが、距離も今までで一番長くなる。中山が駄目というわけじゃないけど、スタート地点も少しイレギュラーだし、コースを1周半。今までの競馬とは違った流れになるので」

 -菊花賞を勝ったタイトルホルダーは兄・和生が手綱を取る。

 「まだ相談されてないけど、されたら答えようかなと。それは兄貴だからじゃなく、どのジョッキーに対しても当然のこと。でも敵なので、全力でつぶしに行きますけど(笑)」

 -勝てば年度代表馬の可能性も見えてくる。

 「獲れるものは獲りたいですね」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す