スマートフォン版へ

GI馬シュヴァルグランの全妹イヴィステラがデビュー/関西馬メイクデビュー情報

  • 2021年12月20日(月) 18時00分
 2021年の新馬戦も残すところ、あと3日の開催。年が明けると当コラムも休止になるので、今回は年明けデビューになりそうな話題の馬をここで取り上げておきたい。

 半兄に菊花賞、天皇賞(春)でGIを2勝しているワールドプレミア(父ディープインパクト)がいるロードカナロア産駒のショショローザ(栗東・友道康夫厩舎)。当初は年内のデビューも視野に入っていたが、1月8日の中京芝1600mに目標を切り替えて調整されている。

 同じ友道厩舎で全兄に宝塚記念、天皇賞(秋)を勝ったラブリーデイ(父キングカメハメハ)がいるモーダルジャズは、1月9日の中京芝2000mでのデビューに向けて、調整を進めていく予定となっている。

【12月25日(土) 阪神芝1800m】

イヴィステラ(牝、父ハーツクライ母ハルーワスウィート、栗東・友道康夫厩舎)

 全兄に2017年ジャパンCを勝ったシュヴァルグラン、半姉にヴィクトリアMを連覇したヴィルシーナ(父ディープインパクト)、2016年秋華賞を勝ったヴィブロス(父ディープインパクト)。きょうだいはすべて友道康夫厩舎で管理されているという、まさに厩舎ゆかりの血統。

 本馬は9月10日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩し、ゲート試験に合格した後、一旦放牧へ。11月末から栗東での乗り込みを再開し、1週前追い切りはレースで騎乗予定のC.デムーロ騎手が跨っての3頭併せ。前半はゆったりしたペースだったが、最後は鋭く伸びて、自動計測では1F10.9秒。追うごとに動きが良くなっており、今後の伸びしろを残しつつも、ある程度動ける状態には仕上がっている。

ノットゥルノ(牡、父ハーツクライ母シェイクズセレナーデ、栗東・音無秀孝厩舎)

 半姉に芝で4勝を挙げているショウナンバビアナ(父ディープインパクト)がおり、2020年セレクトセール1歳にて、4300万円で落札されている。

 本馬は12月9日の坂路では4F51.1秒をマークして、古馬2勝Cを追走する併せ馬では先着する脚力を披露。そして、12月15日の1週前追い切りではCWで有馬記念に出走予定のアリストテレス相手に先行。ゴール前での手応えはこちらが優勢なくらいで、動きとしては文句なし。時計も自動計測で6F83.2秒、1F11.5秒。坂路でもCWでも新馬として水準以上の動きを見せている。鞍上は武豊騎手が予定されている。

【12月25日(土) 阪神ダート1400m】

ペプチドアケボシ(牡、父イスラボニータ母ペプチドヴィーナス、栗東・木原一良厩舎)

 半兄に同厩舎で管理され、阪神ダート1200mの新馬戦を勝ち、現在は2勝クラスで連続2着のペプチドサンライズ(父ディープブリランテ)がいる。

 本馬は12月8日のCWでの併せ馬で追走先着。ただ、相手が新馬だったことや6F84.7秒という時計から水準くらいの動きだと思っていたが、驚いたのが、12月15日のCW。相手は同じで、追走するのも同じだったが、3コーナーから大外を回りながら前を捕まえに行く。ここで脚を使ったら、最後はしんどいんじゃないかと思ったが、最後も楽々と先着。6F81.5秒と全体時計が速い上、ラストは11.7秒。この動きなら兄同様、新馬勝ちを期待したいところ。

クレバーテースト(牡、父オルフェーヴル母クレバースプリント、栗東・武幸四郎厩舎)

 半兄に芝で6勝を挙げているインビジブルレイズ(父ハーツクライ)、母系には芝で5勝を挙げたウインフルブルーム(父スペシャルウィーク)がいる血統。

 本馬は11月12日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩。12月3日にゲート試験を合格すると、そのまま在厩して調整。12月16日の1週前追い切りでは、レースで騎乗予定の吉田隼人騎手が跨って、CW6F82.9秒をマーク。ラスト1Fも11.8秒としっかり。追い切り本数自体は決して多くないが、やるたびにきっちりと上昇している、そんな印象を受ける。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す