スマートフォン版へ

【有馬記念 枠順データ分析】極端な内外は危険 穴なら「外過ぎない中枠」

  • 2021年12月23日(木) 20時08分
 26日に中山競馬場で行われる有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが6番と9番。3回で7番と14番が続き、2回が2番、4番、10番、13番となっている。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 1-1-1-16/19 複勝率15.8% 複勝回収率23%
2枠 1-2-0-16/19 複勝率15.8% 複勝回収率56%
3枠 2-2-0-15/19 複勝率21.1% 複勝回収率71%
4枠 2-1-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率78%
5枠 1-2-3-14/20 複勝率30.0% 複勝回収率87%
6枠 2-1-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率36%
7枠 1-1-3-15/20 複勝率25.0% 複勝回収率69%
8枠 0-0-1-19/20 複勝率5.0% 複勝回収率18%

【3番人気以下】
1枠 0-0-1-15/16 複勝率6.3% 複勝回収率12%
2枠 1-2-0-15/18 複勝率16.7% 複勝回収率60%
3枠 0-2-0-15/17 複勝率11.8% 複勝回収率60%
4枠 2-1-1-16/20 複勝率20.0% 複勝回収率78%
5枠 0-2-2-13/17 複勝率23.5% 複勝回収率87%
6枠 0-0-1-16/17 複勝率5.9% 複勝回収率20%
7枠 0-1-0-12/13 複勝率7.7% 複勝回収率59%
8枠 0-0-1-18/19 複勝率5.3% 複勝回収率19%

 有馬記念といえば、2014年の公開抽選会時に内枠から埋まっていった光景が印象的で、内枠有利と思われがちだが、意外にも1枠の成績は芳しくない。とはいえ8枠は圧倒的に苦しく、直近10年の間に8枠から馬券に絡んだのは18年のシュヴァルグランのみ。16頭立てでの連対例は89年1着イナリワン(8枠15番)まで遡らなければならない。

 また、近年の有馬記念は1・2人気の支持を受けた馬が強く、直近10年では[7-2-4-7]となっている。3番人気以下に限定してみると、4枠5枠の好成績が目につく。コースレイアウト上、外枠が不利ではあるものの、芝の内側が荒れていることも多いため「外過ぎない中枠」が相対的に走りやすくなるのだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す