スマートフォン版へ

【メイクデビュー阪神6Rレース後コメント】シーズザデイ鮫島克駿騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2021年12月26日(日) 14時28分
阪神6Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は5番人気シーズザデイ(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気ニューノーマル、さらにアタマ差の3着に4番人気ダンツキタイが入った。

シーズザデイは栗東・川村禎彦厩舎の2歳牡馬で、父ドゥラメンテ母ラーチャプルック(母の父マーベラスサンデー)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 シーズザデイ(鮫島克駿騎手)
「調教の本数を積んで、万全の状態でした。調教より実戦の芝の方が良い走りでした。今日は外枠だったので、ハナに行く形になりましたが、次戦以降、我慢する競馬を覚えていけば更に楽しみな馬だと思います」

3着 ダンツキタイ(西谷凜騎手)
「北海道で調教を進めていた時よりも、直前の動きが遥かに良くなっていて、レースに向けてやれるという感触でした。まだトモが弱く、スタートは速くなかったのですが、前の馬が残る流れの中で、調教同様に良い脚を使って伸びてくれました。先々楽しみな馬です」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す