スマートフォン版へ

どうなる?年度代表馬 エフフォーリア、ラヴズオンリーユーの一騎打ち

  • 2021年12月27日(月) 06時00分
 皐月賞天皇賞・秋を制した3歳馬エフフォーリアが26日、年末の総決算・有馬記念をV。3つ目のG1タイトルを獲得したことで、年度代表馬の行方は海外G1を3勝という偉業を成し遂げたラヴズオンリーユーとの一騎打ちとなりそうだ。

 エフフォーリアは前記の通り、今季はG1・3勝を含む5戦4勝。唯一の敗戦はダービーで、それも勝ったシャフリヤールからわずか鼻差の2着。強豪古馬を力でねじ伏せた直近2走の評価は高く、02年に年度代表馬に輝いたシンボリクリスエスに近いパターンだ。

 一方、ラヴズオンリーユーは香港G1・2勝に加え、日本馬として初めて米国競馬の祭典・ブリーダーズCのフィリー&メアターフを制覇。この勝利によって、日本馬史上初となる海外G1年間3勝の快挙を達成。これは中央未出走ながらも、海外G1V&凱旋門賞2着で年度代表馬に輝いた99年エルコンドルパサーを上回る偉業だ。国内、海外の違いはあれ、実績は甲乙付け難く、記者投票による評価は二分しそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す