スマートフォン版へ

【京都金杯】泉谷 ルークズネストで勝利の美酒を 新成人テーマは『積極性』

  • 2022年01月04日(火) 06時00分
 「京都金杯・G3」(5日、中京)

 テーマは『積極性』だ。中京コースの重賞覇者であるルークズネストとコンビを組み、新年一発目の重賞へチャレンジする22年の新成人・泉谷楓真騎手(20)=栗東・本田。21年の函館2歳S(ナムラリコリス)で重賞初制覇を達成したデビュー3年目の若武者が、“意識改革”でさらなる飛躍を誓った。

 希望で胸を躍らせる新成人に、年明けからいきなり重賞Vのチャンスがやってきた。21年12月18日に20歳になったばかりの泉谷が、ルークズネストとのコンビで京都金杯に挑む。相棒はファルコンS制覇&シンザン記念2着など、中京コースとの相性が抜群だけに、期待は大きく膨らむばかりだ。

 今回初めてコンビを組むが、「競馬ではないですが、ポートアイランドSの1週前に追い切りで乗ったことがあります。すごくいい馬ですよ。跳びが大きい馬で、切れるというよりも長く脚を使う馬だと思います」と既に特性は把握済みだ。

 実はポートアイランドSでも騎乗予定だったが、同日のスプリンターズSに出走予定だったヨカヨカが故障したことで、幸に手綱が戻った経緯がある。「仕方のないことだと思いました。ただ、その時のことがあったから、今回の依頼を頂けたと聞いています。ありがたいですね」と関係者に感謝するとともに、その期待に応えたいと力を込める。

 「20歳になったからといって、特に何も変わりません」ときっぱり。ただ、3年目の抱負を聞くと表情が引き締まる。「今年はもっとポジションを取りにいく競馬をしたい」。そう考えたきっかけは、3つ上の先輩・横山武の存在だ。「ホープフルSを見ても、いいポジションを取って、そこで収まっている。勝つためには、ああいう競馬をしないと」。『積極性』が22年の最大のテーマだ。

 ルークズネストに対しても、「無理して行く気はないですが、ある程度のポジションを取りたい」と好位からの競馬をイメージ。「昨年、北海道で函館2歳Sを勝てましたが、こっちでも重賞を勝ちたいです」。金杯で乾杯を-。お酒は弱くて飲めないという泉谷だが、勝利の美酒ならどれだけ味わってもいい。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す