スマートフォン版へ

【中山金杯結果】明け7歳レッドガランが抜け出して重賞初制覇

  • 2022年01月05日(水) 16時50分
 5日、中山競馬場で行われた中山金杯(4歳上・GIII・芝2000m)は、好位の後ろでレースを進めた斎藤新騎手騎乗の4番人気レッドガラン(牡7、栗東・安田隆行厩舎)が、残り200mを切ったところで抜け出し、外から追い込んだ7番人気スカーフェイス(牡6、栗東・橋田満厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒1(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気ヒートオンビート(牡5、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、2番人気トーセンスーリヤ(牡7、美浦・小野次郎厩舎)は5着、3番人気ヴィクティファルス(牡4、栗東・池添学厩舎)は13着に終わった。

 勝ったレッドガランは、父ロードカナロア母ダンスオンザルーフその父シンボリクリスエスという血統。久々の2000mで変わり身を見せ、明け7歳にして待望の重賞初制覇を果たした。管理する安田隆行調教師は節目のJRA重賞50勝目。

中山金杯ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す