スマートフォン版へ

【万葉Sレース後コメント】マカオンドール松山弘平騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2022年01月05日(水) 16時48分
中京10Rの万葉ステークス(4歳以上オープン・芝3000m)は1番人気マカオンドール(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分04秒3(良)。アタマ差の2着に3番人気レクセランス、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気シルヴァーソニックが入った。

マカオンドールは栗東・今野貞一厩舎の4歳牡馬で、父ゴールドシップ母ミリオンウィッシーズ(母の父Darshaan)。通算成績は15戦4勝。

レース後のコメント
1着 マカオンドール(松山弘平騎手)
「距離が延びるので、しっかり外を作ってレースをしようと思っていました。溜まっていましたが、ポジションが後ろになってしまいました。4コーナーでも少し後ろだったかと思いましたが、能力でカバーしてくれました。強い競馬をしてくれました。52キロで格上挑戦でしたが、すごく良いものを持っています。これから楽しみです」

2着 レクセランス(C.デムーロ騎手)
「中団から折り合って走れていましたが、抜け出してソラを使ってしまったのが痛かったです」

5着 ディアマンミノル(本田優調教師)
「いつもと違うレースでしたが、頑張って走ってくれました。いつもよりスタートが良くて、無理に下げる必要もないですからね。いつも大外を通る馬が、内を周ったことで窮屈になってしまったかもしれません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す